タイ プレジデント・ベーカリー(PB)

タイの製パン事業大手のプレジデント・ベーカリー President Bakery
(PB)では製パンブランドFarmhouse を生産しています。
2年以内に20億バーツを掛けて第3工場を建設する計画です。

代表取締役Apichart Thammanomai氏は現在稼動中の製パン工場は
Bangchan Industrial Estate(ミンブリー県)
Lat Krabang (バンコク都)の2箇所で2年以内に注文量を上回る見通しです。

タイはほとんどがコメ文化ですが、ライフスタイルの変化と共にパン食の文化が
増加しています。
まだまだニーズは増加する見通しで、2012年年内に3億バーツを掛けて新しい
製パン機械を導入します。

今後は海外進出も視野に入っていてミャンマー国内に製パン事業で参入したいと
しています。
こちらは親会社のサハ・グループの展開する予定の工業団地で
展開するとしています。

ライバル他社の動きとしてはインドネシアとシンガポールで展開するBread Talk
「ブレッド・トーク」は東南アジアで焼きたてパンを提供する大手でこちらも
タイに2012年度から進出開始しています。

タイのパン業界の市場規模はおよそ100億バーツで年間+5~6%の成長になっています。
プレジデント・ベーカリーの2012年度の売上予測は前年比+10%増の60億バーツと見ています。