タイの企業のAEC戦略に関して

タイの複合財閥のCEOが集まり、タイの企業のAEC戦略に関して講演しています。
2015年以降、AECアセアン経済共同体(AEC)が開始されることで域内戦略の重要性、
拡大の方針を発表しています。
タイビバレッジ(TCCグループ)のCEOであるThapana Sirivadhanabhakdi氏は
同社はタイ国内では既に物流網、ディストリビューションネットワークを確保しており、
隣国への拡大準備を進めているとしています。

タイの複合財閥のCEOが集まり、タイの企業のAEC戦略に関して講演しています。
2015年以降、AECアセアン経済共同体(AEC)が開始されることで域内戦略の重要性、
拡大の方針を発表しています。

タイビバレッジ(TCCグループ)のCEOであるThapana Sirivadhanabhakdi氏は
同社はタイ国内では既に物流網、ディストリビューションネットワークを確保しており、
隣国への拡大準備を進めているとしています。
アセアン域内には6億人の人口が有りますが、旅行者、ビジネスマンを含めると7億人の
人口まで膨れると予想。
同域内は強い成長と強い消費力で伸び続けるとコメント。

Thapana氏はアセアンには巨大な事業機会があるとし、今後、域内を越えた動きである
Asean+3、Asean+6などで単一市場が進むと見ています。
タイビバレッジグループでは既にFraser & Neave社など複数のアセアン企業を買収済みです。

セントラルグループのCEOであるTos Chirathivat氏は
タイ国内から海外へ出ることでの黄金時代であるとコメント。
しかしながら自社製品の創造性能力やマーケティング能力が必要であり、トップグローバル企業も
アジアでの市場を期待しているとしています。