タイの芸能・音楽大手のグラミーはソープオペラ番組へ投資

芸能・音楽大手のGMMグラミーGMM GRAMMY(GRAMMY)では、2015年度はおよそ
30億バーツを投じてデジタルTV分野へ投資するとしています。
特に同社ではソープオペラなどのドラマに注力し、プライムタイムと呼ばれる
8:00~9:00PMの時間帯での放映時間帯のドラマへの投資を進めます。

芸能・音楽大手のGMMグラミーGMM GRAMMY(GRAMMY)では、2015年度はおよそ
30億バーツを投じてデジタルTV分野へ投資するとしています。
特に同社ではソープオペラなどのドラマに注力し、プライムタイムと呼ばれる
8:00~9:00PMの時間帯での放映時間帯のドラマへの投資を進めます。

Bt25億バーツはソープオペラ番組、シチュエーション・コメディ番組、
ニュースなどに。
残りはライセンス、社内へ向けた投資とします。
1年を通じておよそ10のソープオペラ番組を準備します。
視聴者メインターゲットはバンコク近郊・都心に在住する女性で、この時間帯の
広告収入は10万バーツ/1分間になるとしています。
都心に住む女性の口コミの影響力は男性、より若い層などの他のグループへの
インフルエンサーとなるとしていてこの分野への影響力強化を目指します。

同社の2014年度1月~9月期の売上72億7400万バーツ、
純利益では-18億6800万バーツでした。