タイの税収局が野菜・フルーツ飲料に関する課税の見直し予定

タイの税収局Excise Departmentでは野菜・フルーツ飲料に関する課税の
見直しを進めると発表しています。
2014年12月時点の課税率は
”野菜・フルーツジュース(野菜など含有量10%以上) → 税免除”
”清涼飲料水など(野菜など含有量10%未満)” → 卸売価格の20%”
同様にペットボトル緑茶・カフェなども国内生産物を使用する場合も免税と
なっています。

タイの税収局Excise Departmentでは野菜・フルーツ飲料に関する課税の見直しを
進めると発表しています。
2014年12月時点の課税率は
”野菜・フルーツジュース(野菜など含有量10%以上) → 税免除”
”清涼飲料水など(野菜など含有量10%未満)” → 卸売価格の20%”
同様にペットボトル緑茶・カフェなども国内生産物を使用する場合も免税と
なっています。

※タイの飲料に関する税に関しては、清涼飲料水に卸価格の20%または
440ccあたり0.37バーツの高い金額を課税されていますが、原材料の野菜部分が
10%以上などを飲料では免税を受けているおよそ100品目があります。

しかし税収局は今後、含有率10%では少なすぎるとし30~50%まで
野菜・フルーツ含有量を上げる必要性があるとしています。

もし課税が強化されると、これらの課税で影響を受ける可能性がある企業
としては
オイシ・グループ(OISHI)  緑茶・日本食チェーン経営 
イチタン・ホールディングス(ICHITAN) 緑茶販売
マレー・サプラン(MALEE) 野菜・フルーツ飲料販売
ティプコ・フーズ(TIPCO)  野菜・フルーツ飲料販売などがあります。