タイ、マレーシア・エアアジアでは燃料サーチャージの請求を取り止め

マレーシアを拠点に展開しているエアアジア(AIRA)では燃料サーチャージの請求
を取り止めると発表しています。
原油価格の下落によって燃料サーチャージの必要がなくなったとしています。
エアアジアグループCEOのTony Fernandes氏は大きなコスト下落で、旅行需要も
高まると予測しています。
タイエアアジア(AAV)のCEOであるTassapon Bijleveld氏は、2015年2月にも
早急にサーチャージの停止を進めるとしています。

マレーシアを拠点に展開しているエアアジア(AIRA)では燃料サーチャージの請求
を取り止めると発表しています。
原油価格の下落によって燃料サーチャージの必要がなくなったとしています。
エアアジアグループCEOのTony Fernandes氏は大きなコスト下落で、旅行需要も
高まると予測しています。
タイエアアジア(AAV)のCEOであるTassapon Bijleveld氏は、2015年2月にも
早急にサーチャージの停止を進めるとしています。
エアアジアにおけるサーチャージの取り決めは国ごとになっていて、
Thai AirAsiaタイエアアジアの場合は国際線のみサーチャージを導入しています。

今後の流れとして近距離で1~2時間の路線は-275バーツ、2~3時間の路線は
-405バーツ、3~4時間は-565バーツ、4時間以上は-715バーツなどへ
設定していきます。
Tassapon氏は原油価格が1バレル=50ドルになってもタイエアアジアの燃料コスト
は営業コストの大半を占めるであろうとコメントしています。

エアアジアグループでは、マレーシア証券取引所(BURSA)にエアアジア(AIRA)、
エアアジアX、タイ証券取引所(SET)にアジアアビエーション(AAV)が上場しています。