シンガポール国内の不動産仲介業者の合併の可能性

シンガポール国内の不動産仲介業者Global Property Strategic 
Alliance(GPS Alliance)、MORE Property、Trillion Property
の3社は合併を進める計画があることを明らかにしています。
合併後は第4番目規模の不動産プレイヤーになる可能性もあります。

また、2,000名以上のエージェントを抱える可能性もあり、
1位のERA Realty(5975名)、2位のPropNex(5667名)、
3位のHuttons(3257名)に次ぐ規模を誇る仲介企業になるとしています。
※シンガポール不動産エージェント協会(CEA)データ

1位のERAリアリティ社は1981に設立された仲介企業で未上場ですが、
シンガポールの数多くの不動産物件を扱っています。

http://www.era.com.sg/

2位のPropNex社は11年前に複数の仲介企業が合併して誕生した
企業です。

もし仮に合併が実現するなら、GPS Alliance社が
オーストラリア証券取引所に上場しているため、必要なプロセスを
進めるとしています。
同社はオーストラリア市場に上場していて
証券コードGPSで2014年度の業績は売上で2400万Sドル、
純利益ではマイナス440万Sドルとなっています。

シンガポールでは478名のエージェントを抱えています。
GPS Alliance社はAmara Holdings社やCDL社の高級物件、
Keppel Land社の物件などを幅広く販売してきた実績があります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。