インドネシア上場のサンポエルナ社が時価総額トップへ

インドネシア証券取引所(IDX):Indonesia Stock Exchange
(IDX)では、インドネシア最大のたばこメーカー
PT HM Sampoerna:HMサンポエルナ社がインドネシア証券取引所の
中で440兆ルピアまで成長。
最大の時価総額になったと発表しています。

同社のCEOであるPaul Norman Janelle氏は100年にわたって
展開してきたサンポエルナ社は、外部環境の影響がありつつも
順調に成長を続けてきた結果だとしています。
ただし同社の流動性は低く、1.8%が流動のある株式で98%は
Phillip Morris社が保有しています。

2015年9月にインドネシア証券取引所(IDX)の基準要求によって
Phillip Morris社では株式の一部放出を行いました。
IDXでは最低7.5%の流動性を要求しています。

2014年度末はBank Central Asia(BBCA)が320兆ルピアで
トップでした。
続いてHM SampoernaHMサンポエルナ(HMSP)が295兆ルピアと
Astra Internationalアストラインターナショナル(ASII)が
301兆ルピアとなっています。