タイの格安航空会社LCCのノックエアーはパイロット不足を発表

タイの格安航空会社LCCのノックエアーNOK Air(NOK)が
パイロット不足のために10月以降のフライトスケジュールの変更、
縮小(およそ10%~15%減)を発表しています。
同社の代表のPatee Sarasin氏はパイロット不足は深刻であり、
いくつかの便をキャンセルせざるを得ないとコメントしています。

同社の2015年度1月~9月期の業績は売上103億バーツ、
純利益-5億7100万バーツと赤字が継続しています。

2016年2月に入り、ノックエアー(NOK)便の突然のキャンセルが相次ぎ、
同社の免許ライセンス停止も噂されるようになりました。
2月の半ばまででおよそ3,000名の乗客予定者に影響が出ています。

タイでは中国系、韓国系含めてLCCの会社が多く参入し、パイロットの
確保も難しくなってきています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。