2015年時点で経営難になっているイスラム金融を提供するイスラミックバンク

2015年時点で経営難になっているイスラム金融を提供する
イスラミックバンクIslamic Bank of Thailand(iBank)では、
2016年3月に新しい株主を検討する入札を行うと発表しています。
外資系金融や外国企業が同金融機関の株式取得に関心を示しています。

タイ政府では国家の金融方針に従い少なくとも25.5%以上の取得を
要求します。
現在、タイ国家財務省が88%を保有しています
(タイ財務省で48%、タイ政府貯蓄銀行39%)。
タイの国家金融委員会では2016年度から同金融機関の事業再編への
プランを承認、およそ400億バーツ分の負債を解消するための施策を
進めます。

新しい株主は同行へ資金注入することで、同行で要求されている
Bank for International Settlements(BIS)規制比率を21%から
8.5%まで下げるとしています。

イスラミック・バンクは総資産900億バーツ、400億バーツの不良資産、
500億バーツの債権を保有しています。
同行は子会社としてAmanah Leasingアマナウ・リーシング社の経営も
手掛けています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。