タイのゼネコン大手、チョーガン・チャーンが16年度売上増を予測

タイのゼネコン大手チョーガン・チャーンCh Karnchang(CK)が
2016年の見通しを発表。
新規の建設案件や民間資本導入による開発プロジェクトにより、
売上は400億バーツ以上と予測しています。

2015年度業績は売上380億2700万バーツ、純利益21億9200万バーツで
増収減益となっています。

15年度に高速道路運営のバンコクエキスプレスウェイ(BECL)と
地下鉄運営のバンコクメトロ(BMCL)の合併によって誕生した
バンコク・エキスプレスウェイ・メトロBangkok Expressway and
Metro(BEM)の効果が出ると見られています。

チョーガン・チャーン(CK)では16年度も引き続き地下鉄建設の入札に
期待をしていて、地下鉄MRTのオレンジライン、ピンクライン、
高架鉄道イエローライン、複線化プロジェクト、高速道路、
スワンナプーム国際空港拡張フェーズ2プロジェクトなどでさらなる
売上増を目指します。

チョーガン・チャーン(CK)社の傘下企業では、高速道路・地下鉄のBEM、
上水事業のタイタップ・ウォーター(TTW)、発電事業CKパワー(CKP)などが
タイ証券取引所(SET)に上場しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。