タイ イチタン

タイの緑茶市場トップを走るオイシ(OISHI)を創業したタン
Tan Passakornnateeの設立したイチタンICHITANは5月31日時点で売上は
28億バーツを突破。タイの大洪水の影響も受けたものの、1年目で大きな売上を
たたき出しています。

株式を売却したOISHIの売上レベルまでおよそ3年で追いつくとコメントしています。
2011年度オイシ(OISHI)の業績は
売上で96億7700万バーツ、純利益で8億0800万バーツでした。

OISHIの代表だったタン氏は2011年度も日本の旅が当選するキャンペーンを開始。
日本好きなタイ人の申し込みで売上も大きく伸びました。

各社でこの夏(3月~5月)は大きくプロモーションやキャンペーンを行った結果、
2012年度の緑茶市場のマーケット金額は前年同期比+30%増の130億バーツにまで
伸びると見られています。
マーケットシェアはオイシで48%、イチタンで19.6%を取れると見ています。

またイチタンでは2014年度目標にタイ証券取引所へ上場したいとしています。