インドネシアの小売り・衣料のラーマヤナ・レスタリセントーサ、企業解説

インドネシアの小売り・衣料のRamayana Lestari Sentosaラーマヤナ・
レスタリセントーサ(RALS)は2016年度の売上増を目指しています。

同社は”ラーマヤナ・デパートメントストア”を経営していて、
男性、女性、子供向け衣料ブランド、バッグ、靴、アクセサリーを
数多く展開。
ターゲットはミドルインカム層で、主力のRobinsonブランド、
Cahayaブランドなどが有名です。
(http://www.ramayana.co.id/)
2015年度業績は売上5兆5300億ルピア、前年比5.6%減、
純利益では3360億ルピア、前年比5.3%減でした。

同社は2016年度は景気が上向くと判断していて、2つのアウトレット店舗を
Bogor地区に5月、Solo地区に6月それぞれ開業予定です。
近年は売上が低迷していましたが、今後は出店と販売強化で売上が伸びると
予測しています。

同社はラーマヤナ、ロビンソン、チャハヤブランドのデパートメントストアや
SPARブランドのスーパーマーケットなどを展開し、自社内でも衣料、
アクセサリー、バッグ、靴、化粧品、日用品を生産しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。