インドネシア ハルム・エナジー(HRUM)新しい鉱山の獲得を目指す

石炭採掘企業のハルム・エナジーHarum Energy(HRUM)では、およそ4億5,000万
ドルで新しい鉱山の獲得を目指します。
少なくとも5,000万トンの石炭貯蔵が見込まれています。
代表取締役Ray Antonio Gunara氏は東カリマンタン島にある自社保有鉱山周辺の
複数の石炭炭鉱の獲得を目指します。

自社のキャッシュ2億ドル、ローンで2.7億ドルで新しい炭鉱購入を目指します。
2014年3月末時点で同社は$1億8822万ドルのキャッシュを保有していました。
2013年度の通年の業績は売上で8億3710万USドル、純利益では4,180万USドルであった
としています。

ハルムエナジーHarum Energyでは5つの鉱山を保有していて子会社である
Karya Usaha Pertiwi (KUP)、Mahakam Sumber Jaya (MSJ)
Santan Batubara, Tambang Batubara Harum
Harum Energy Australiaでの石炭採掘をしています。