タイの格安航空会社、ノック・エアライン、第1四半期は赤字

タイの格安航空会社ノック・エアラインNok Airline(NOK)は
タイ国内中心に格安航空事業を展開していますが、2016年2月
から多数のパイロットが退職、スケジュール通りの運行が
困難になり、突然の運航停止などによる消費者クレームが
増加しました。

同社2016年第1四半期の業績は売上42億2100万バーツ、
純利益―4億500万バーツでした。
代表取締役であるMr.Patee Sarasin氏は、ようやくフライトスケジュール
が正常化したことを発表しています。

また、同社が今後ターゲットとしているのは中国マーケットで、
今後は主力のタイ国内線から国際線タイ~中国を移動する観光旅行者に
絞っていきます。
2015年に訪問した中国人観光旅行客は800万人、2016年は1000万人に
近づくとされていて成長市場とみています。

同社はタイ国際航空(THAI)が39%の資本を保有しています。
小型~中型の機材を使い、チェンマイ、ハジャイ、クラビなどのタイ国内、
ビエンチャン、ヤンゴンなどのASEAN域内に航路を持っています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。