2016年度のタイのエネルギー最大手、タイ国営石油の企業概要

タイのエネルギー最大手、タイ国営石油(PTT)は石油・天然ガス開発、
石油精製、石油貯蔵、石油化学、石油小売り、潤滑油、付随事業まで
幅広く行う国営企業です。

タイ語ではポートートーと発音され、タイ財務省が51%の資本を持つ
巨大エネルギー企業です。
高速道路でも、地方でも、タイ国内の至る場所でPTT系のロゴマークを
見掛けることが多く、多数のガソリンスタンドでも見掛けるほど
タイ国内での認知度は圧倒的。
インドネシアのプルタミナ、マレーシアのペトロナスのような企業です。

タイ国営石油(PTT)はタイ証券取引所(SET)の中でもトップの
売上規模であり、2015年度業績は売上2兆637億バーツ、純利益199億バーツ
と他社を寄せ付けない業績になっています。

このPTTグループ関連だけでPTT石油開発(PTTEP)、タイオイル(TOP)、
バンチャーク石油(BCP)、IRPC(IRPC)、など巨大企業が並んでいます。
同セクターでは近年LPG販売のサイアムガス&ペトロケミカル(SGP)
などが成長しています。

ただし、同エネルギーセクターの多くは世界的な原油価格の下落の
影響を受けて、2015年度業績は軒並み減収または赤字決算の企業が
増加しました。

タイ国営石油PTTグループでは今後同業同士の事業統合・再編が
進む予定です。
過去、工業セクターで上場しているPTTグローバルケミカル(PTTGC)は
タイのPTTアロマティクス(PTTAR)とPTTケミカル(PTTCH)が2011年度に
合併して誕生しました。
この他にも今後PTTグループ内での統合・吸収が行われる可能性が
報道されています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。