タイの自動車部品大手、ソンブーン・アドバンス・テクノロジー、企業解説

タイの自動車部品メーカー、ソンブーン・アドバンスド・テクノロジー
Somboon Advance Technology(SAT)社は自動車部品のアクセルシャフト、
ジョイントベアリング、リーフスプリング、ブレーキディスク、
ブレーキドラムなどを製造しOEM供給する企業です。

創業者はSomboon Kitaphanichソンブーン・キタパニット氏で、
2016年現在は2代目Yongkiat Kitaphanichヨンキアット・
キタパニット氏が代表取締役となっています。

2015年までエカマイ駅前のゲートウェイエカマイ内にあった
日本食レストラン『旬の舞』などの経営も行っていました。
SAT社の2015年度業績は売上88億バーツ(270億円規模)、
純利益6億バーツ(18億円規模)でした。

・主な子会社
Somboon Malleable Iron Industrial:
ディスクブレーキ/ドラムブレーキ
Bangkok Spring Industrial:スプリング/スタビライザーバー
International Casting Products:キャスティングパーツ
SBG International Japan:マーケティング
Somboon Forging Technology:自動車パーツ

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。