タイの王室系銀行、サイアム・コマーシャル銀行はフィンテック企業へ投資

タイの王室系銀行、サイアム・コマーシャル銀行Siam Commercial 
Bank(SCB)では、子会社ベンチャーであるDigital Ventures社を
通じ、フィンテック企業、Dymon Asia Ventures社を購入したと
発表しています。

今回の購入はサイアム・コマーシャル銀行(SCB)側がグローバルな
ベンチャーキャピタリストからのネットワークを構築し、世界中で
盛んなフィンテック投資の新ステップになるとしています。

Dymon Asia Ventures社はアーリーステージのフィンテック企業へ
投資する企業ベンチャーキャピタルの一つで、東南アジア全体を
対象に見ています。
BtoB間のクレジット、資産、保険、ブロックチェーン技術などに
フォーカスしています。

タイの王室系サイアム・コマーシャル銀行(SCB)では
2016年度業績は総資産2兆9130億バーツ、
純利益476億1200万バーツでした。

サイアム・コマーシャル銀行(SCB)は100年以上の歴史がある
大手銀行で、資産規模はタイのカシコーン銀行(KBANK)の
2兆8458億バーツを越えて第3位です。
1907年にタイで最初に設立された商業銀行で、
主要株主はタイ国財務省や王室財産管理局です。
コーポレートカラーは紫色を使用しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。