タイ イタリアンタイ・デベロップメント(ITD)

タイのゼネコン大手でスワンナプーム国際空港や高架モノレールを開発している
イタリアンタイ・デベロップメントItalian-Thai Development Plc (ITD)は
タイ政府へ対して500億USドルを越えるプロジェクトになると予想されている
ダウェイ深海港開発の支援を求めています。

インラック首相宛にDawei Special Economic Zoneダウェイ特別経済区域の
開発へ向けミャンマー/タイのハイレベル協議の場でタイ政府の積極的関与を
求めました。

タイ政府スポークスマンのSansanee Nakpong 氏は
ダウェイスキームに関してはインフラや設備に関する投資ファンドなどの取り組みを
検討すると回答し、タイ国家経済社会開発委員会 National Economic and Social
Development Board (NESDB) へはタイ財務省、タイ交通省、タイエネルギー省との
共同推進事業として進める考えを示しています。

投資金額が巨大となるため、より精査したF/Sを掛けて判断するとコメントしています。
ITDではすでに205平方キロメートルの開発権をMyanmar Port Authorityと2010年
締結しています。

ファーストフェーズで85億USドルの開発費用が掛かるとされていて
主要道路、湾岸開発を進める計画です。セカンドフェーズでは鉄工所、製油所開発を進める計画です。

ITDの2012年の上半期の業績は
総資産569億バーツ、売上で226億8100万バーツ 純利益でマイナスの2億5800万バーツでした。
株価は2008年2.24バーツ 2009年2.94バーツ 2010年4.64バーツ
2011年3.62バーツ 2012年現在4.0バーツとなっています。