タイ証券取引所二部市場に上場している変圧器製造のティラタイ、企業解説

タイ証券取引所二部市場(MAI)に上場している
変圧器製造企業、ティラタイTirathai Plc(TRT)では、
2016年度業績は売上25億7700万バーツ、
純利益6100万バーツでした。
2017年はさらに+25~30%の売上増を狙います。

同社ではタイ国内、国外での変圧器ニーズが増えると
予想しています。
代表取締役のSampan Vongphan氏は、売上の68%は変圧器であり、
工場や製造業の現場でニーズが高まっているとしています。

2019年までに売上目標を43億バーツとしていて、
近隣の新興国成長に合わせて変圧器の輸出を拡大しています。
16年度は4.7億バーツが輸出で17年は6億バーツを予想しています。
ティラタイ社のその他の製品は、建設鋼材、並びに変圧器の
保守サービスも含まれます。

今後の見通しもEGAT(タイ発電公社)による新しい発電所プロジェクト
(2016~2020)により大規模な開発による投資で恩恵を得られると
期待しています。
また、再生可能エネルギー発電所の増加で受注が伸びていることも
同社売上を増加させる要因になっています。