タイのPTTグローバルケミカル社傘下のグローバルグリーンケミカルズがIPO計画

タイ国営石油(PTT)傘下のPTTグローバルケミカル(PTTGC)社傘下に
あるグローバルグリーンケミカルズGlobal Green Chemicals
(GGC)社は、タイ証券取引所(SET)への株式公開IPO計画を
発表しました。

同社は石油化学セクターの中に上場する初のグリーン化学会社となる
予定です。
主な事業はメチルエステル生産で、タイ国内唯一の脂肪酸アルコール
製造元です。
バイオ燃料、椰子油(オレオケミカル)とサトウキビ由来物質などの
自然抽出系生産を行っています。
メチルエステルは年間30万トン、脂肪酸アルコールは年間10万トン、
精製グリセリンは年間31,000トンを供給しています。

調達資金で第2のメチルエステル工場の建設、ナコンサワン県の
バイオコンプレックス建設費用とする計画です。

バイオコンプレックスプロジェクトでは、第1段階でタイの
製糖大手、カセート・タイインターナショナルシュガー
Kaset Thai International Sugar(KAST)と共同で
サトウキビジュースなどを年間240万トン製造できる工場を
建設します。
第2段階で年産1億8600万トンのエタノール生産工場を
建設予定です。
第3段階でバイオマス発電所を建設、第4段階でバイオケミカル開発が
提供出来る施設を建設します。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。