ドイツ資本のInterquell社がタイのペットフード市場へ参入

ドイツ資本のInterquell社はタイのローカルパートナーと組み、
犬猫系ペットフード市場に参入します。
資本金200万バーツのHappy Pet (Thailand) Co Ltd,は
49%がドイツ資本、51%はTechnic Pet Holding社が所有します。
2017年末までに2000万バーツまで引き上げる予定です。

ドイツ資本側新会社のCEOとなるGeorg Muller氏は、
同社は高級ペットフードブランド”Happy Dog”、”Happy Cat”を
保有していて、タイ国内のペットオーナーへ感情的なPRを
仕掛けていくとしています。
このペットフードはドイツからの輸入品で、ペットの健康に対する
志向は日本や他のアジア諸国以上に成長余地があると分析しています。

Interquell社はHappy Dog、Happy Catブランドを既に66か国で
展開しています。

タイ進出後はミャンマー、カンボジア、ラオスなど近隣諸国への
マーケティングを計画しています。

タイの2017年度ペット市場規模は260億バーツとされています。
ペットフード120億バーツ、ペット病院・薬品市場で80億バーツ、
ペットのアクセサリー市場などで60億バーツとなっています。
特にペットフード市場は年間+10~15%で急速成長しており、
自然志向、安全志向の流れが強まっています。