タイ国内代理店、タイトップスポーツ社、2020年までに売上倍増を狙う

スポーツシューズブランドのリーボックを扱うタイ国内代理店、
タイトップスポーツThai Top Sport Co(未上場)社は
2020年までに売上倍増を狙います。
タイ国内のスポーツ・フィットネスブームに乗り同社ブランドも
好影響を受けるとしています。

同社では国内の一般的な購買力はまだ回復していないものの、
スポーツ用品市場は前年比+15%増、50億バーツであったと
しています。

スポーツファッションはタイ・海外ブランド共に人気です。
16年度はBody Glove、D&G、H&M、Timberlandなどがスポーツ用品に
参入しています。
スポーツシューズの人気ブランドでは1足20,000バーツ以上の商品も
出ています。

タイのスポーツ用品市場はASEAN内でも高い成長性を持っていて、
Reebok Thailandは1位Reebok Indonesiaに次ぐ規模に
なっています。

タイトップスポーツ社では今後シューズ、アパレル、アクセサリーなど
を揃えていき、17年時点の11店舗から2020年には22店舗まで増やす
計画です。
新規店舗は150~200平米としていて、500~600万バーツを投じて
建設します。