タイのバンコク銀行とブアルン・ベンチャーはフィンテック企業8社選出

バンコク銀行Bangkok Bank(BBL)とブアルン・ベンチャー
Bualung Venturesは国際的な投資ファンドNestと共に
バンコク・バンク・イノハブ”Bangkok Bank InnoHub”を
設立しました。
InnoHubは8つのスタートアップにアクセラレーター・プログラム
を提供します。

同社は32カ国119人のフィンテックベンチャーが審査を受け、
8社が選ばれたとしています。
InnoHubはタイ4.0を推進して、タイのビジネス拡大に
貢献出来ると期待、スタートアップ企業がタイ国内外で
革新的技術を進める機会になるとしています。

今回、InnoHub社が選択した8つのスタートアップは、Bambu、
Bento、Canopy、Covr、InvoiceInterchange、FundRadars、
First Circle、Everexです。
各社は金融、商品開発、マーケティング、ビジネス戦略、
金融テクノロジーの分野の専門家が指導し、銀行保証等を付ける
機会を提供するとしています。

Bambu(シンガポールのフィンテック)貯蓄・投資アプリを開発。
Bento(シンガポールの新興企業)B2B(企業間)オプションを
持つロボ・アドバイザー。
Canopy(シンガポール)富裕層資産管理のためのプラットフォーム。
Covr(スウェーデンのスタートアップ)アプリベースのモバイル
セキュリティと管理を提供。
InvoiceInterchange 中小企業が未払いの請求書をオークションする
ことができるシステム。
FundRadars(タイバンコク銀行Bangkok Bank(BBL))と
ブアルン・ベンチャーBualung Venturesは国際的な
投資ファンドNestと共にバンコク・バンク・イノハブ
“Bangkok Bank InnoHub”を設立しました。
InnoHubは8つのスタートアップにアクセラレーター・プログラムを
提供します。