タイ王室系サイアムコマーシャル銀行の複合商業施設をサンシリ子会社が契約

タイの王室系金融機関、サイアムコマーシャル銀行
Siam Commercial Bank(SCB)の複合商業施設、
“SCBパークプラザ”の管理契約をサンシリ(SIRI)子会社、
プラス・プロパティ社が結んだと発表しています。

SCB Park Plazaはサイアムコマーシャル銀行(SCB)の本社が
あり、ほかにも様々な大手企業が入居しています。

今後、同エリアはバンコク北部で注目エリアとなる予定で、
周辺では大量輸送交通機関、高層商業ビル、高層住宅などが
次々と建設されています。
これら周辺建設物も含めて、同プラザ内では建物の使用可能な
寿命を延ばすためにプロの管理者を必要としたため、
プラス・プロパティ社との契約に至ったとしています。

プラス・プロパティ(未上場)はタイの不動産大手企業、
サンシリの子会社です。
サンシリ(SIRI)社は高級物件から低価格物件まで扱う
総合住宅開発企業で、開発、管理、仲介まで幅広く
展開しています。
子会社にはChanachai社、Sansiri Venture社などを
抱えています。
2016年度業績は売上339億4400万バーツ、
純利益33億8000万バーツでした。