タイ国営石油傘下のエネルギー発電企業、グローバル・パワー・シナジーについて

タイ国営石油(PTT)傘下で発電事業を手がけるグローバルパワー・
シナジー(GPSC)は、2015年4月にタイ証券取引所に上場しました。
株式時価総額は約390億バーツ、調達した約100億バーツは事業拡張、
運転資金に充てると発表しています。

同社はPTTグループの発電事業を集約・強化する目的で、
Independent Power(Thailand)社とPTT Utility社との統合で
2013年に設立されました。
PTTの部門の中で火力発電所、コジェネレーション熱電併給プラント、
太陽光発電所などへ投資・運営を手掛けています。
発電容量は計1,315MW規模、今後も536MW規模を開発中となっています。

同社では今後、投資額およそ180億バーツをかけて発電所の開発を進め、
15年末時点で1,376MW規模の発電能力を2019年度までに2,800MW規模
まで増加させます。
ミャンマーでも巨大な発電プロジェクトを準備中で、ラオス国内でも
水力発電事業を展開し65MW規模を開発中、2017年度から事業開始予定です。

グローバル・パワー・シナジー(GPSC)社の2016年度第3四半期までの
業績は売上170億バーツ、純利益22億バーツとなっています。