タイの電子部品大手、デルタ・エレクトロニクスは電子部品とEV向け部品を拡大

タイの電子部品大手、デルタ・エレクトロニクス
Delta Electronics Thailand(DELTA)社は
2026年までに売上を1430億バーツまで大幅拡大する
計画です。
2016年度業績は売上476億5100万バーツ、
純利益5億1600万バーツでした。

CEOのAnusorn Muttaraid氏は、ハイテク電子部品、
電気自動車向け部品などで売上を伸ばしていくとし、
特に目指す市場はインドとしています。
電気自動車市場が急速成長しているインドでのEV需要に
応える方針です。
インド政府は2030年までに電気自動車のみの自動車市場
拡大を目指しています。

デルタ・エレクトロニクス(DELTA)社ではロボット技術部品
の導入などでロボット工学市場分野を目指していくと
しています。
また、同社は従業員2万人から5,000人の工場従業員を
削減したとコメントしています。

2017年第2四半期の総売上は123億バーツで2016年度
113億バーツから上昇しています。
純利益は8億3,300万バーツとなり、13億バーツから
減少しています。