タイの物流、ケリー・エクスプレスがCOL社との提携を発表

タイで小口配送を手掛けているケリー・エクスプレス
Kerry Express Thailand(未上場)では、
10億バーツを投じてネットワーク拡大、配送箇所拡大を
進めます。

タイ国内のEコマース成長に伴い同社の物流も増えると
期待しています。
タイ商務省データによるとEコマース事業規模は2016年
1050億バーツであったとしています。

10億バーツの投資内訳は100カ所の新規ディストリビューション
センターで2018年には500カ所へ増加させます。
さらに1000台以上のトラック、バイクも含まれます。

また、同社はセントラルグループ子会社COL社との提携を
発表しました。
COL社はB2S、OfficeMate、Central Online Shoppingなどを
展開していて、同社の配送を手掛けることでさらなる成長を
目指します。

“Office Mate×Kerry Express”小包配送サービスはまだ11店舗での
利用ですが、2017年内には37店舗まで利用拡大を目指します。
将来的にタイ国内80店舗以上の全店舗で配送網確立を目指します。

ケリー・エクスプレスKerry Express Thailand社は2017年7月に
パトムタニ県で1日20万個数を扱えるロジスティクスセンターを
建設しました。
バンコク北部エリアの配送網を整備しています。
さらにバンコク東部バンナー地区では1日50万個の配送サービスを
整備する予定です。