タイ二部MAI上場のニルヴァーナ・ダイイは2017年内に2プロジェクト開発

タイ証券取引所二部市場(MAI)上場のニルヴァーナ・ダイイ
Nirvana Daii(NVD)は、2017年末までに2つのプレミアム
プロジェクトを開始すると発表しています。
同社は富裕層不動産、コンドミニアム開発を手掛けており、
2017年末までに合計80億バーツを投じます。

同社はニルヴァーナ・デベロップメント社とダイイ・グループ社の
それぞれがシンハー・エステイト(S)社に買収・統合された企業で、
高級不動産開発と建材を扱っています。
2016年度業績は売上3億4100万バーツ、純利益-1500万バーツでした。

第1プロジェクトでは、チャオプラヤー川沿い西岸地区において
Banyan Tree Residences Riverside Bangkokを
シンガポール上場企業のホテル開発を行うバンヤンツリー社と
共同開発します。
同プロジェクトは2017年5月に発表され、コンドミニアム購入者は
バンヤンツリーグループのホテルやリゾート、スパ、ギャラリー、
ゴルフコースなどに特別割引や権利を与えられます。

第2プロジェクトではラマ9世地区で高級タウンハウス
Define Srinakarin-Rama9を開発します。

ニルヴァーナ・ダイイNirvana Daii(NVD)社は今後5年間で
合計130億バーツの住宅プロジェクトを6~7ヵ所開発する予定です。
2017年上半期の売上高は13億1000万バーツ、純利益1億2200万バーツ
と発表しています。