タイのLED市場

家電大手のフィリップ社ではテクノロジー産業の多いタイでは使用用途が多く
LEDランプの導入が進むと判断しています。

フィリップスコンシュマーライティング社のRowena Leeマーケティング部長は
電灯産業の流れを大きく買える技術であるとしていて、LED産業が大きく伸びる
可能性を示唆しています。
民間用、法人用、政府用で利用頻度が広がるとしています。

単純なイルミネーション用よりもより消費者向けに広がるであろうとコメント
しています。
家庭用照明、小売の現場、ホスピタリティの必要な場所、アウトドアでも活躍する
としています。

バンコクではBhumibol Bridgeプミポン国王橋の照明、Lohaprasada of the
Ratchanadda Templeラチャナダー寺院の照明、チェンライのクロックタワー
Clock Tower
Talang Monument タランモニュメント(プーケット)などはすべてフィリップス
のLEDが利用されています。

LED電球は既存の電球よりも高いものの、高いクオリティ、長期間利用、など
コスト削減につながります。

フィリップスでは世界の照明マーケットは年間7~9%で成長しており、2010~2015年
は800億ドル規模であるとしています。
その成長のメインはアジアの新興国であり、LEDの導入の金額で成長するだろうとしています。

フィリップ社では2015年までにLEDの浸透率は50%まで伸び、この10年間の間で
75%まで伸びるとしています。