タイのカーナビ事情

カーオーディオ業界でも中間層が増加しいろいろなオプションを求める時代に
入っています。
タイのカーナビ会社のKamaz社ではKamaz RUNZ C1-7100 を発表していて
デジタルLEDを初めてタイで販売開始を発表しています。

800 x 480のサイズで115万ピクセルの解像度でLEDタッチスクリーンの方式を
採用しています。
タイで初めてとなるLEDデジタル方式を導入しました。
DVD/tuner/navigationシステムを入れていますがTVチューナーは搭載して
いません。

販売価格はおよそB60,000バーツで、金額が高いために様々なオファーを
付けています。
ツインシステムでオーディオシステムとナビシステムが同時に起動できます。

タイではナビの機能は良いものの、搭載する地図情報が不確かなものが多いため、
これまで正確な地図情報をきちんと搭載することが必要でしたがグーグルマップ
などの登場でその流れが変化しています。