トリプルアイロジスティクス社がタイ証券取引所に新規上場

タイ国内で空運、海運、陸運などを手掛ける
トリプルアイロジスティクスTriple I Logistics
(III)社は2017年8月にタイ証券取引所に新規上場しました。

同社は資金調達後、新たな航空貨物ターミナル建設費用に充てる
としています。
最高経営責任者Tipp Dalal氏は記者会見で投資家および
個人投資家に向けて1株4.80バーツ、1億6450万株を株式公開した
と述べています。

調達資金はドンムアン国際空港の国際航空貨物ターミナルを含む
10プロジェクトへ振り分けます。
新しい航空貨物ターミナルは2017年の第4四半期に開業予定です。
また、主要な事業部門(化学物流、内陸輸送、倉庫および物流)の
プロジェクトにも投資する計画です。

トリプルアイロスティクスTriple I Logistics(III)社は、
タイの大手ロジスティクスソリューションプロバイダーです。
航空貨物、海上貨物および国内陸運輸送、物流管理、化学物流
および専門物流管理を得意としています。
2017年上半期売上高は10億バーツ、前年上期8億8500万バーツから
10%増加しました。
純利益は前年上期5000万バーツから64%増、8200万バーツと
なりました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。