タイ国営石油PTT傘下のタイオイルは2017年度黒字拡大予想

タイ国営石油PTT傘下のタイオイルThai Oil(TOP)では
2017年度は黒字拡大との予想を発表しています。
同社の2017年度第2四半期までの業績は、
売上1707億8600万バーツ、純利益103億2400万バーツと
なっています。

最高経営責任者Atikom Terbsiri氏は、同社が2017年
第3四半期に堅調な財務成績を達成すると確信しています。
芳香系分野の業績が好調であり、2016年度の純利益よりも
期待できるとしています。

タイオイルThai Oil(TOP)社はタイの製油事業・石油化学系の
大手企業です。
1961年設立、本社はバンコクにあります。
石油精製、潤滑油等の石油製品製造のほか、エタノール生産開発、
パイプライン輸送、カーボンブラック生産、パラキシレン製造、
発電、海上輸送なども手掛けます。
タイ国内製油能力の約20%を占め、1日の製油精製能力は
275,000バレル/日です。

2016年度業績は売上は2747億バーツ、
純利益は212億バーツでした。
売上構成比率は石油精製84%、石油化学品7%、
潤滑油系5%でした。