タイの不動産テック、ヒップフラット社がオークファンから投資を受ける

タイ不動産テックのヒップフラットHipflat社がオークファンから
投資を受けると発表しています。
Hipflat社はタイの各都市で不動産購入・仲介・建設中コンドミニアム
予約などのプラットフォームを運営し、既に26万件以上のタイ国内
不動産リストを保有、住宅購入者と賃借人から毎月30,000件以上の
問い合わせを受けています。

同サイトではタイ国内不動産事業者が物件を無料掲載することができ、
購入や賃貸を検討する顧客から問い合わせがあった場合にのみ料金を
徴収されます。

Hipflat社では2017年10月に日本のオークション比較サイト大手、
オークファンaucfanから戦略的出資を獲得しました。
タイ不動産市場の透明性を高め革新的な商品を導入するために
資金を使用する予定です。

Hipflat Pte.Ltd.(www.hipflat.co.th)は、
2013年にシンガポールで設立され、タイのバンコクに本社を
置いています。
オンライン不動産ポータルは不動産購入者と賃貸希望者
(住宅、商業および工業)に関する売り手と所有者を
結び付ける仕組みで運営されています。

同様の不動産比較ポータルサイトは、シンガポール系の
PropertyGuruプロパティグールー
(http://www.propertyguru.com.sg)や、
DD Propertyディーディープロパティ
(http://www.ddproperty.com/en)などが展開しています。
DD Propertyはタイ国内ナンバー1不動産ポータルと
されています。