タイの不動産市場評価・調査などを実施するAREA社のセミナー内容

タイの不動産市場の評価・調査・セミナーなどを実施している
AREA社(Agency for Real Estate Affairs Co., Ltd.)
では、2017年末にバンコク首都圏不動産市場セミナーを
開催しました。

(講演サマリー)
1:バンコク首都圏不動産市場は継続して成長している。
 2017年新規プロジェクトは410プロジェクト11万4417戸数が
 開発された。
 10万3579戸数が販売済み、平均販売価格は385万バーツ。

2:不動産開発でプロジェクト中断になった背景の上位3つ
 EIA(環境基準許可)が下りなかった。
 ファイナンスに成功しなかった。
 ロケーションが悪く売れなかった。

3:介護施設の開発が急速に進んでいる。
 本年から介護系市場のプレイヤーの特集が開始される。

4:ゾーンごとに勝ち組、負け組が出ている。

5:バンコク郊外で最も上昇したエリアはバンナー地区で
 +15%上昇。
 バンコク中心部で最も上昇したエリアはスクンビットの
 プルンチット駅~プラカノン駅エリアまで、
 19%上昇であった。

2017年内のバンコク首都圏における新規一戸建て開発は
10,217戸数、前年比-1929(19%下落)、新規タウンハウス開発は
35,462戸数、前年比+5,530(14%上昇)、新規コンドミニアム開発は
63,626戸数、前年比+5,276(14%上昇)となっています。