タイの通販最大手、TVダイレクトは日本のトライステージ社と提携・出資受け入れ

タイ国内の通販最大手、TVダイレクトTV Direct(TVD)と
提携している日本のトライステージTri-Stage社は、
17年4月よりBOI(タイ投資委員会)からITC(輸入卸業ライセンス)
奨励証書取得が承認され、タイ子会社事業を開始しています。

新会社であるTri-Stage Merchandising(Thailand) Co.,
Ltd.はバンコクに事業拠点を置き、タイのテレビ通販市場を
含むリテール市場の動向分析を行いながら、
マーチャンダイジング:商品の選定・提案・調達と
セールス・マーケティング、ロジスティック業務を提供すると
発表しています。

TV DirectとTri-Stageは今後、リアル店舗の百貨店として
Nippon Department Store開業も検討しています。

Tri-Stage社は日本国内でデパート店舗を運営し、特産品・
雑貨品を販売しています。
同社はタイのホームショッピング事業成長性が高いことを期待し、
2016年にTV Direct社の株式を15%取得しました。
その後、インドネシアへも展開しています。

TV Direct社とTri-Stage社はTVショッピング市場を
発展させるため、ダイレクトマーケティングのノウハウと経験を
共有するとコメントしています。

TV Direct社の2017年度業績は売上33億2900万バーツ、
純利益-6500万バーツでした。
同社によると、タイのホームショッピング市場は2015年度は
80億バーツに達し、2016年は100億バーツに達する見込みです。
同市場は今後5年間程、さらなる成長が期待されます。

TV Direct社はタイのテレビショッピング市場を40~50%シェアで
リードしています。
競合プレーヤーにはTVD Shopping、O Shopping、True Select、
Shop Channel、Hi Shopping、Denso Directなどがあります。