マレーシア総選挙2018はマハティール元首相率いる野党連合側が勝利

2018年5月のマレーシア総選挙(定数222議席)が実施され、
マハティール元首相が率いる野党連合、パカタン・ハラパン
(希望連盟:Pakatan Harapan)が過半数の議席を獲得し、
与党連合、バリサン・ナショナル(国民戦線:Barisan Nasional)
に勝利しました。

マハティール氏は首都クアラルンプールの王宮で宣誓式に臨み、
新首相に就任しています。
この総選挙によって1957年イギリスから独立後、初の政権交代が
実現しました。

マハティール・ビンモハマドMahathir bin Mohamad氏は
1925年生まれのマレーシアの政治家・医師であり、同国首相の
中で最長の22年間(第4代:1981~2003年、第7代:2018~)を
務めています。

同氏は15年ぶりに首相に返り咲き、選挙で選ばれる指導者としては
世界最高齢となりました。
今回の総選挙ではマレーシア北部ランカウイ選挙区から出馬し、
当選しました。

マレーシア選挙管理委員会の公式発表では、野党連合(PH)は
解散前の72議席から113議席に議席数を増やし、与党連合は
130議席から79議席に減らしました。

今回マハティール氏率いる野党側は政府系ファンド1MDBからの
資金流用疑惑が発覚したナジブ氏の金権体質を批判し、
ナジブ政権が導入した消費税の廃止や、中国企業と結んだ
プロジェクトの見直しなども公約に掲げて支持率を伸ばしました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。