タイ 商業施設

ここ1年で大規模な商業開発がバンコク都心部から郊外に広がっています。
その影響もあり、日本食レストランがバンコク都心から
郊外型への出店が加速しています。

バンコク郊外のラムイントラ通りで、6月にグランドオープンした商業施設
「プロムナード」は、ヨーロッパスタイルの高級志向型大型商業施設です。
とんかつ店「新宿さぼてん」
讃岐うどん専門店の「丸亀製麺」 などが新規に出店しました。

開発主体はSiam Retail Developmentで住宅不動産大手ランド&ハウス(LH)の
会長であるMr. Anant Asavabhokhin,氏が40%以上保有しています。

またアソーク駅前に開発されたTerminal21はL&H Prperty社の開発で
こちらもMr. Anant Asavabhokhin,氏の展開する商業施設です。