タイ 商業施設

ここ1年で大規模な商業開発がバンコク都心部から郊外に広がっています。
その影響もあり、日本食レストランがバンコク都心から
郊外型への出店が加速しています。

バンコク郊外のラムイントラ通りで、6月にグランドオープンした商業施設
「プロムナード」は、ヨーロッパスタイルの高級志向型大型商業施設です。
とんかつ店「新宿さぼてん」
讃岐うどん専門店の「丸亀製麺」 などが新規に出店しました。

開発主体はSiam Retail Developmentで住宅不動産大手ランド&ハウス(LH)の
会長であるMr. Anant Asavabhokhin,氏が40%以上保有しています。

またアソーク駅前に開発されたTerminal21はL&H Prperty社の開発で
こちらもMr. Anant Asavabhokhin,氏の展開する商業施設です。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。