タイ グーグル

タイグーグルでは50,000社におよぶタイの中小企業へ向けて無料サービス提供
を開始すると発表しています。
Google Southeast Asiaの代表取締役Julian Persaud氏はプロジェクト名
「The Thai Business, Go Online programme」を発表し、提携する
Office of SME Promotion(OSMEP)とThai eCommerce Associationと
Dot Arai 社とWeb Biz社と協力していくとしています。

携帯からのウェブサイト閲覧も増加しており、情報収集から購買へつながる
ケースも増加しています。
消費者10名のうち8名が検索サイトを見て購入決断をしていく方向にあり、
今後ますますネット情報から購買へつなげる動きが増加するとタイ統計局
National Statistical Officeから発表されています。

ただし2011年6月時点の現状ではタイの事業者10社のうち1社しかまだ
ウェブサイトを持っていないのが現状です。
多くの事業者は「自社商品はオンラインは適切ではない」と考えていて
まだ信用度、便利性でアナログが重要視されています。

また主によく検索されるキーワードを分野別に整理するとschool(学校),
hotel(ホテル), doctor(医者), restaurant(レストラン),
handymen(便利屋さん)の5つであり、携帯電話で行なっているとしています。

グーグルでは12ヶ月間の無料ホスティングサービスを進め、in.th やco.thなどの
取得を促進させます。
また428~799バーツをその後支払います。
現状年間2万社が新規にウェブサイトを開設していますが、その倍を目指すと
しています。