タイ T&T (TT&T)

タイの地方電話回線を展開してきたT&T Plc(TT&T)では事業の利益が出る
見通しが出るとして、タイ証券取引所での取引を2011年9月再開すると発表
しています。

今後3G通信サービスが開始されることを前提にして、新規ビジネスが派生する
可能性が非常に高いとしていてTT&T社の幹部は債権者の承認を待って取引の再開
を始めるとしています。

タイ証券取引所(SET)ではコンプライアンスを満たしていないNCマークが付くと
4月22日から発表しています。
また取引の中断も6月22日から開始されるとしています。
TT&T PUBLIC COMPANY LIMITED (TT&T)は(NC-Stage 1)であるとしていて
“SP” (Suspension)サインを出しています。

2010年度の業績は売上47億4500万バーツにもかかわらず、純損失でマイナス
-122億2400万バーツと言う巨額赤字に陥っています。

2011年第1四半期でも純損失でマイナス5億1440万バーツで危機的状況が
続いています。

ただし今後スタートする3G通信ではMobile virtual network operator
(MVNO)として3G通信サービスの代理通信事業を開始できるとしています。