タイ 交通

中国の経済成長統計で第2四半期の結果が発表され、前年同期比+9.5%となり、
第1四半期の+9.7%からやや鈍化したことを発表しています。
市場予想の+9.4%をやや上回る結果となり、、世界的な景気減速への懸念が
和らいだことで、東南アジアの株式市場の上昇に追い風となっています。

またタイ中央銀行は13日、中央政策金利を0.25%引き上げ、+3.25%にすること
を決定しています。
国内インフレ圧力を抑えるため、さらなる引き締めを行う可能性を示唆しています。

ラマ4世通りは毎日慢性的な渋滞を起こしているバンコクのメイン通りですが
地下鉄工事を請け負っているイタリアンタイデベロップメント(ITD)では
今回2011年8月よりラマ4世通りを一部閉鎖し、地下鉄工事用の掘削事業を開始
するとしています。
場所はMRTホワランポーン駅終点から伸びる延伸ラインで西側へ伸びる地下鉄工事を
進めます。
完全封鎖ではなく、一車線のみの通行にするとしています。