ミャンマーの携帯事情

ヤンゴン市内のミャンマー人に直接ヒアリングしたところ、「携帯電話は高い」
「持っている友人はいる」とのこと。
通話料金が高く、本体価格もまだ高いためまだ普及していない。

ちなみにヤンゴン国際エアポートで携帯レンタルは可能である。

ミャンマーでは軍事政権下に置かれている通信郵便電信省(MCPT)傘下の
国営企業であるミャンマー郵電公社(MPT)が,唯一の固定・携帯電話事業者と
なっている。

MPTは1993年12月,旧首都ヤンゴンでミャンマー初の携帯電話サービスを
アナログAMPS方式で開始した。
その後,1997年にはCDMAサービスを,2002年にはGSMサービスをそれぞれ始めた。

さらに2008年7月には,W-CDMA方式の第3世代携帯電話(3G)サービスをヤンゴンで
始めたが、未完成のインフラによる見切り発車だったため、50回線程度での小規模
スタートとなった。
MPTはネットワークを拡充し,今後,全国で20万回線を割り当てる計画としている。
なお2009年3月には,ヤンゴンでテレビ電話対応のW-CDMA端末が5000台導入される
ことも報じられた。

2009年度の携帯電話保有率は44万人の0.9%のレベル。