日本の百貨店 長崎大丸閉店

長崎市の博多大丸長崎店が7月31日、最後の営業を終了し前身の百貨店「岡政」
を含めた157年の歴史に幕を閉じたことがニュースに出ていました。

博多大丸長崎店は1854年に貿易商の徳島屋が創業、1934年に長崎初の百貨店
「岡政」となった。
1988年に大丸グループの長崎大丸となり、2003年に博多大丸(福岡市)が吸収
合併して、博多大丸長崎店となりましたが近郊大型店との競争が激化し、2010年
2月期の売り上げは過去最高の1998年2月期(およそ85億円)に比べ約40%減少
していました。

一方でアジアの各国の小売店舗は地場小売企業、海外外資企業が入り乱れ
競争激化となっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。