インドネシア シナルマス

インドネシアメディア複合企業のコンパス・グラメディアグループと大手財閥の
シナルマス・グループでは、バンテン州にインドネシアの国際会議場を新たに
建設するとしています。

タンゲラン地区のブミ・スルボン・ダマイ(BSD)シティにインドネシア最大規模と
なるコンベンションセンターを建設することを決定。
総投資額は1兆5000億ルピア(150億円)規模とし東京ドーム3個分となる15万平米
クラスのコンベンションホールを建設します。

名称は「Indonesia Expo」とし2013年完成を目指します。
1万人収容のコンサートホール、ホテルが3棟、映画館、博物館なども併設する
計画です。
収容可能人数は20万人規模とし、大規模開発になるとしています。
インドネシアの首都ジャカルタ近郊では国際コンベンションセンターは2箇所
しかなく、スナヤン地区の「ジャカルタ・コンベンションセンターJCC」と
クマヨラン地区の「ジャカルタ・インターナショナル・エキスポ」JI Expoのみ
ですがBalai Sidang Jakarta Convention Center  http://www.jcc.co.id/
Jakarta International Expo (JIExpo)  http://www.jiexpo.com/home.php

急速な内需拡大と国際投資の流入で国際イベントが増加しており場所の確保、
収容能力の拡大が急務となっていました。