タイストレージバッテリー(BAT3K)

バッテリーを生産するタイストレージバッテリー(BAT3K)では
メルセデスベンツへ供給するバッテリー受注を正式にまとめたことを
発表しています。

Thai Storage Battery Plc (BAT-3K)ではダイムラーAGと交渉を重ねて
今回、メルセデスベンツのR&Dとの交渉でまとまったとしています。
ダイレクターのVeerawin Korphaibool氏が発表しました。
50万台のバッテリーを2012年度から4年間に渡って供給する契約です。

今回ドイツ向けに海外輸出するのはタイストレージバッテリーとして初の事業
となるとしています。
これまで海外自動車メーカーの供給ではボルボ社Volvo やドイツのメーカーへ
タイ国内供給は実施していましたが、輸出では初めてになるとしています。

3K Batteryでの2011年度上半期の業績では
売上で+34.2%で30億6000万バーツ、純利益では1億2900万バーツでした。

ブランド名3K V-Series(メンテナンスフリーバッテリー(SMF))が好調で
10万台以上販売されました。
年末までに20万台を販売する計画です。