タイの大手財閥の種類と特徴

一般的に知られているタイの財閥、そして著名な富豪その特徴や
規模などを解説していく。

<1> タイの食品財閥最大手 CPグループ
チャロンポカパーン・グループ
チャロンポカパーンフーズ(CPF)は農業分野の旗艦企業。
2012年度売上 3789億バーツ(120億ドル以上)。
同グループは謝家(チエンワノン家)が基礎を作った
コングロマリット複合企業で家畜用飼料の製造業者として設立。
多角化を進め、エビの養殖・販売や鶏肉の生産・ 加工・販売なども
取り扱いを始める。
タイ国内における最大の食品企業。
農業分野以外に食料品の分野を中核事業として、
通信分野“TRUE Group”、不動産分野”CP Land”コンビニ分野”CPALL”
などに進出し、全部で8つの分野で事業を展開している。
国際的には、ASEAN各国や中国などを中心に世界13カ国に進出している。

<2> タイのツナ缶財閥大手タイ・ユニオン・フローズンプロダクツ
(TUF)
タイを拠点に欧米アジアに工場を持ち、2012年の売上高は
1077億4800万バーツ(30億ドル) 。
代表者はティラポン・チャンシリー氏。
創業者は華人出身のグライソーン・チャンシリー氏で、1977年創業。
小さなエビ生産工場から始まり、欧米企業向けのM&Aを繰り返すことで
急成長を果たす。
アジア通貨危機の1997年には破綻した米大手を37億円で、
リーマン・ショック後の2010年には仏最大手を860億円で傘下に収めた。

<3> タイのビール財閥大手 TCCグループ
タイの富豪、ジャルーン・シリワタナパクディー氏が率いる
コングロマリット。
1944年、バンコクの中華街生まれの中国系タイ人で、
中国名は「蘇旭明」。
酒造業に参入して、蒸留酒、ビール、不動産、金融、
消費財などを手がける巨大財閥を一代で築いた。
傘下企業はタイのアルコール飲料最大手、タイビバレッジ(THBVE)、
シンガポール上場企業、不動産大手TCCランド(未上場)、
消費財大手ベーリユッカー(BJC)、タイ上場企業、コーラ生産・流通
サームスック(SSC)、
タイ上場企業、緑茶・日本食チェーン大手オイシ(OISH)など大手企業を
傘下に収めている。

<4> タイの栄養飲料財閥大手 チャリアオ・ユーウィッタヤー
(2012年死去)
同ファミリーは総資産50億ドルとも言われる。
1978年に設立されたTCファーマシューティカル・インダストリーにより、
「Krating Daeng」タイ語で、「赤いガウル」の名前でタイで開発された。
1984年にオーストリア人のディートリッヒ・マテシッツが国際販売権を獲得。
Red Bull「レッドブル」の名称で販売開始。
レッドブルエナジードリンクはヨーロッパ地域は元より、北アメリカ地域や、
オセアニア、アフリカ、そして、アジアにも進出した。
「レッドブル、翼を授ける。(Red Bull Gives You Wings)」の
コピーが使われている。
レッドブルは日本を含め、世界160か国以上で販売されている。
世界で初めてのエナジードリンクとして売上・シェアともに第1位。

<5> タイのビール財閥大手 シンハーグループ。
タイで最も古いビール会社であるブンロート・ブルワリー株式会社は、
1933年に. ピャ・ビロムシャクディによって設立。
シンハー・コーポレーション社はその子会社となる。
ブランド名「シンハー」「レオ」「B-ing」などの飲料を展開。
3カ所のビール醸造工場、6カ所の飲料水工場を保有。
売上高は2012年、1030億バーツ(3500億円規模)。

<6> タイの製糖財閥大手 ミトポン・グループ
ミトポンシュガー社はタイの最大手の製糖事業者で、
世界第5位の製糖事業会社。
会長はIsara Vongkusolkit イサラー・ウォンクソキット氏。
サトウキビ生産、製糖事業で53年の歴史があり、マーケットリーダー。
5つのコア事業があり、製糖事業、合板・パーティクル事業、
バイオエナジー事業、エタノール生産事業、倉庫物流事業を展開。
中国とラオスにも支店を持つ。

<7> タイの消費財財閥大手 サハ・グループ
1942年に創業者のティアム・チョクワタナー(Thiam Chokwatana)が
立ち上げた消費企業グループ。
現在はタイ国内を中心に300以上の関連会社を抱える。
持株会社であるSAHA PATHANA INTER-HOLDING(SPI)
消費財を扱うSAHA PATHANAPIBUL(SPC)となっている。
2012年度SPCの売上は257億バーツ(750億円)。
タイ国内において日本企業との合弁を積極的に進めていて、
主な合弁相手としてはワコール、イトキン、ライオン、資生堂、
ツルハ、ダイソー、早稲田大学、文化服飾学園など、
消費財、ファッションや化粧品・ドラッグストア関連企業が多い。

<8> タイの金融大手 バンコク銀行・グループ バンコク銀行
(BBL)
同行はタイ国内大手銀行で資本金規模で第1位の銀行。
日本にも東京新橋、大阪にも支店を持つ。
オーナーのソーポンパニット(陳)財閥はタイの大手商工業の
分野で広範囲な企業の株式を保有している金融財閥で、
同行の総資産額は2兆4188億バーツ(およそ7兆円)。
フルバンキングサービスを提供していて、投資、保険、
預貯金すべてを取り扱っており、インターネットバンキングサービス
も導入している。

<9> タイの金融大手 カシコーン銀行・グループ(KBANK)
タイ国で資本金の規模で第3位の銀行。
最近では日系企業・日本の地方銀行との取引も積極的に開始している。
タイのラムサム財閥が経営をする商業銀行。
1945年に設立。
総資産額で2012年末2兆700億バーツ。
2003年まではタイ農民銀行の名前で知られていた。
カシコーンバンク (K Bank)
カシコーンリサーチセンター(K Research)
カシコーンファクタリング (K Factoring)
カシコーンアセットマネジメント(K Asset)
カシコーンセキュリティーズ (K Securities)
カシコーンリーシング (K Leasing) などの総合金融サービスを提供。

<10> タイの金融大手 アユタヤ銀行・グループ
2012年末の資産規模は1兆719億バーツで3兆円規模。
同銀行を管理しているのはラタナラック(李)財閥で、テレビ局大手
チャンネル7を経営しているBangkok Broadcasting & Televisionを
1967年に設立。
CH7は プライムタイムで45%と言う圧倒的なシェア放送局
タイソープドラマ系ではかなりの強さを誇る。
総帥はクリット・ラタナラック氏。
父親のチュアン氏が創業したアユタヤ銀行(BAY)、
サイアム・シティ・セメント(SCCC)の株式を大量に保有。
Bangkok Broadcasting and Television(BBTV)は
ラタナック財閥はイースタンプロパティ、メディアオブメディアス、
トンソンプロパティなどにも出資している。

<11> タイの自動車部品メーカー サーミット・グループ
タイ最大の自動車部品メーカーサーミット・グループは1977年、
バンコク都内で 4輪・2輪車向けや家具向けシートの修理、生産を
始めたのが起こり。
創業者のサンサーン・ジュランクン社長はこれまでに
サミット・オート・ボディ(SAB)、サミット・オートシート(SAS)など
グループ会社30余社からなるサミット・オートインダストリーズ
グループを一代で築きあげた。
自動車部品製造で売上比率は 自動車関連が65%、バイク関連が30%、
家電関連が5%。全従業員数15,000人を誇る。
売上規模はグループ全体で700億バーツ(2,100億円規模)。

<12> タイの鉄鋼大手 サハヴィリヤ・グループ
タイの熱延生産最大手企業である。
同社を経営するのはウィット・ヴィリヤプラパイキットCEO。
1990年に、サハビリア・グループとイタリア系企業(IRI)とが
熱延鋼板(Hot Roll Coil)の製鋼工場を建設するために誕生。
その後はIRIが撤退し、現在はサハヴィリヤ・グループが
主要株主となっている。
タイ証券取引所には1994年上場。
2012年度の売上は過去最高619億バーツ(2000億円規模)。

<13> タイのゼネコン大手 イタリアンタイ・グループ
イタリアンタイ・デベロップメント社(ITD)は、
タイのゼネコン最大手でスワンナプーム空港建設事業を大林組、
竹中工務店などと共同JVをしたり、高架鉄道BTSの建設を受注する
など、タイにおける国内インフラ事業を担う企業。
海外事業売上比率が40%以上でインド・バンガロール市の鉄道建設、
デリーメトロの駅舎建設事業、コルカタ空港旅客ターミナルビル建設
など幅広い。

<14> タイのゼネコン大手 チョーガンチャーン・グループ
インフラ基盤である道路、大規模な橋、高速道路、高架鉄道などを建設する。
熊谷組、東急建設などとのJV事業(ジョイントベンチャー事業)も手掛け、
バンコク高速道路(BECL) 高速道路運営事業
バンコクメトロ(BMCL) 地下鉄運営事業
タイ・タップウォーター(TTW) 上水処理事業などを子会社に持つ。
2012年度の売上は223億バーツ。

<15> タイの工業団地大手 アマタ・コーポレーショングループ
創業者はVikrom Kromadit氏。
工業団地内のインフラを整え、海外/国内の製造業を誘致し不動産を販売、
レンタルをおこなうアマタ・コーポレーション(AMATA)はタイとベトナムで
工業団地プロジェクトを展開し日系企業も多く入居している。
チョンブリ県にアマタナコン工業団地、ラヨーン県にアマタナコーン工業団地、
ベトナムにアマタシティビエンホア工業団地を有している。
2012年度の売上は過去最高61億バーツ。

<16> タイの高級不動産大手 ランド&ハウス・グループ
ランドアンドハウス(LH)はタイ国内で高級住宅開発、販売を手掛ける
不動産開発企業。
タイの不動産アサワボーキン財閥がオーナーの企業。
一戸建て、高級コンドミニアムなどをデザイン性、高級家具類、
高付加価値のある信用度の高いブランドとして販売。
2012年度の売上は267億バーツ。
ランドアンドハウスグループに属する企業は
住宅金融ローンに強いランドアンドハウスリテール銀(LHBANK)
ホームセンターのホームプロ(HMPRO)
高級住宅・オフィスビル開発のクオリティハウス(QH)
建材企業のクオリティコンストラクション(Q-CON)など。

<17> タイ国内商業不動産開発1位 セントラル・グループ
セントラルパタナー(CPN)は商業施設の開発、大型不動産開発企業。
セントラルグループのショッピングセンター(SC)開発・運営を担う。
CPNの中核事業は、多目的の複合体不動産に投資、開発がメイン。
CPNの最初の郊外建設大型プロジェクトはセントラルプラザ・ラプラオ店
で、タイでの総合不動産開発のモデルの先駆け
(大型ショッピングモールの形成)となる。
セントラルグループには流通大手として有名で、Central Retail
(小売、流通)を筆頭に
Central Pattana(不動産開発)
Central Plaza Hotel(ホテル・外食産業)
Central Food Retail(Topps スーパーマーケット運営)
Robinson ROBINS(百貨店運営)
Power Buy(家電量販店)
などを経営しており、幅広い事業展開をしている。

<18> タイの医療大手 バンコク病院・グループ
バンコクドゥシットメディカルサービス(BGH) は、バンコクに住む日本人が多く
利用している高級私立病院である。
タイに治療目的、療養目的、医療検査などで訪れる外国人の数は180万人を突破。
バンコク総合病院をバンコク市内に持ち、大型病院施設並びに治療施設を持つ。
同病院では積極的にM&Aを進めており、サミティウェート病院、BNH病院など
タイ国内病院の買収を続けて大手病院グループへ成長した。
代表のプラサート プラサトーング=オーソット氏はバンコクエアウェイズ(BA)の
筆頭株主でもある。

<19> タイのテレビ局大手 チャンネル3 BECワールド・グループ
テレビ局である「チャンネル3」やラジオ局では「バンコクFM」を運営。
テレビ番組の視聴率は業界2位。
ソープドラマや韓流ドラマを得意としている。
BEC TERO社を中心とするイベント興業ビジネス、チケット事業、
芸能/音楽の配信事業なども展開している。
2012年度の売上は151億バーツ。
代表者はVichai Maleenont氏で付近のビルも所有している。

<20> タイの通信大手 サマート・コーポレーション・グループ
サマート創業者のVilailuck財閥が経営する通信財閥。
代表取締役のWatchai Vilailuk氏。コア事業である
通信事業として2社もタイ証券取引所へ上場させていて、
携帯機器販売・通信事業 サマートアイモバイル(SIM)
通信インフラ・構築事業 サマートテレコム(SAMTEL)などを展開する。
海外展開事業ではカンボジア、ラオスに進出済みである。