タイ BTSグループ(BTS)

鉄道運営と不動産開発のBTSグループ(BTS)では
バンコクの政治衝突があったものの、業績は大きく伸びるとしています。
会長の Keeree Kanjanapas 氏は
1億6000万バーツの損失が5月の騒乱でサービスの中止などで発生したものの、
政府からの補償金などもであり、損害は最小限で収まったとしています。

バンコクの騒乱では4月6日~5月23日まで
たびたび運営を中止。丸一日停止したのは8日間ありました。

2010年度の売上成長率は8%を目標にしています。
また6月より運営開始している新たなバスサービスBus Rapid Transit (BRT) は
BTSとBRT合わせて売上の80%になる見通しです。その他は広告でVGI Global Media Ltd が
行なう車両広告、駅内広告で10~12%となっています。
残りが不動産ビジネスとなります。

駅近不動産としてAbstract Phahonyothin Park
Abstract Sukhumvitの2つを販売しています。すでにパホンヨーティン80%、
スクンビットは66%が販売予約されています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。