タイの工場用・大型クレーン製造のオーラ社がタイ証券取引所に新規上場

工場用・大型クレーン製造のオーラ社(ALLA)がタイ証券取引所一部市場
(SET)に新規上場しました。
上場するセクターはIndustrial Materials & Machineryです。
調達した資金で新規設備資金、運転資金へ当てます。
2015年度の売上は8億7000万バーツ、純利益1億100万バーツに
なっています。
2016年上半期業績は売上2億9600万バーツ、
純利益2800万バーツでした。

同社はオンヌット地区に本社を構えていて、クレーン、吊り下げ機械、
工業用ドア、電動リフト、工業用部品などの輸出入や製造などを
展開しています。
また、陸運システム、プラスチックカーテン、アフターサービスを
提供しています。
同社の顧客は自動車メーカー、化学、電気、鉄鋼、およびセメント
産業などとなっています。

同業他社としてはチューカイChu Kai(CRANE)社があり、
同社は中国からXCMGクレーンを輸入しています。
2016年度の1~9月期の業績は売上5億2100万バーツ、
純利益―1億8000万バーツでした。

同社はトラン県の地方行政局と商業用貿易港の開発を
進めています。
トラン県はタイ王国・南部の県(チャンワット)の一つで
アンダマン海に面し、ASEAN域内の貿易活発化につながると
期待しています。
2017年度以降の目標は売上で12億バーツ。
5億バーツがクレーンレンタル、4億バーツがクレーン販売、
3億バーツが建設請負、物流になるとしています。