タイ タイエアアジア

マレーシアのLCC格安航空会社のエアアジアのタイ部門、
タイエアアジアでは11月半ばよりインド向けの航空便を開始すると発表しました。
現時点で確実視されているルートは
バンコク~コルカタ、バンコク~ニューデリーを毎日就航させる計画です。
CEOのTassapon Bijleveld氏は9月末くらいまでにチケットの販売を開始したいとしています。

タイエアアジアの資本比率は49%がマレーシアのエアアジアAirAsia Bhd
残りがタイ資本になっています。

今回の就航によるLCCの登場でインド~タイ間の移動が活発化し、ビジネスや観光のボリュームも
大きくなると見ています。特にタイの6300万人よりもインドの10億人のマーケットが今後
東南アジアへ向けて関心が高まるとしています。

これまでマレーシア・クアラルンプール → インドのルートはありましたが
タイ~インドは初となります。

エアアジアCEOインタビュー 羽田年内乗り入れ「高いサービスを提供」 

http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100913/fnc1009132204018-n1.htm

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。