タイ 工業団地公社

ミャンマーの経済開放が進む中でタイ工業省ではミャンマーに近い西部の
カンチャナブリー県で事前調査(FS)を進めるとしています。

投資受け入れ工業団地不動産の選定などを進めます。
タイでは60以上の工業団地があり、工業団地公社(IEAT)が投資適格条件や
環境などを調査して工業団地を決めて行きます。

ミャンマーの南部にあるダウェイはまだ未開発のエリアですが今後タイの
第1位ゼネコンのイタリアンタイデベロップメント(ITD)が開発権を取得。
大規模な深海港開発を進め、バンコク~カンチャナブリー~ダウェイを
つなげて経済回廊をつなげる計画を打ち出しています。