タイ 家具生産

タイの家具業界では2013年度は業界全体で回復基調になると予測しています。
2012年度は最低賃金の一律300バーツの上昇など、コスト増、ヨーロッパの
債務危機、アメリカの財政問題など
で輸出が落ち込みましたが、本年度は回復すると見込んでいます。

タイ工業連盟Federation of Thai Industriesの家具業界クラブの会長
Verachai Kunavichayanond氏は2013年度は+3-5%の増加、およそ
US$11億-12億ドルの規模が輸出されると見ています。

2012年度の輸出額はマイナス1%の成長で11億4000万USドルでした。
主な輸出先はアメリカ、日本、ヨーロッパの各国で、
2013年度は回復していると判断。
またコスト上昇もタイの地場各社がコントロール出来るようになったと
しています。

タイ証券取引所に上場している家具メーカーはモーダンフォーム・グループ
MODERNFORM GROUP(MODERN)社で過去最高の売上となる2012年度の売上は
32億1100万バーツ、純利益で4億1000万バーツでした。

ファンシー・ウッド・インダストリーFANCY WOOD INDUSTRIES(FANCY)社は
2011年度売上で5億2700万バーツ 純利益でマイナス 3300万バーツ。

未上場でリビング・インデックス社などもあり、ベトナムなどにも進出済みです。
http://www.indexlivingmall.com/about/index.php